View Cart

店主:藤田もとたか
GMOとくとくポイント使えます メルヘン絵画に浸っていると、懐かしさと優しさが、 胸いっぱいにこみ上げてきます。 日常から離れ、いやしと寛ぎの世界をお楽しみください。

メールマガジンの登録・解除

DFA(デジタルファインアート)について DFA(デジタルファインアート)の品質・技術・再現性 実際に目で見た印象や光の濃淡に忠実なデジタルデータを作品として表現する事ができます。 従来のスキャニングでは再現不可能だった筆のタッチや細かな陰影、 ニュアンスまでもが再現可能になります。 DFA(デジタルファインアート)の特徴 高精細画像入力 ・4x5 フィルムを凌駕する品質 ・モアレの心配ナシ ※RGB各色1本ずつをライン状に配列されたCCDを動かしながら画像を取り込みます。 安定した色再現 徹底したカラーマネジメントシステムで色ブレの無い安定した品質を確保、 いつでも必要な数だけ提供することが可能です。 露光ムラの無い均一な照明再現 入力した対象アーカイブの光のムラを自動補正する特殊なアプリケーションを使用し、 ライティングに影響されない本来あるべき状態でのアーカイブ化が可能です。 今まで非常に困難な画像加工であった、油絵などの絵の具の起伏を再現しながらも 光のムラを無くす技術を効率的に行なえるため、 作成工程の大幅な短縮を図る事が可能です。 DFA(デジタルファインアート)は様々なシーンで活躍しています! ・美術館・博物館が収蔵している重要文化財の複製・デジタルアーカイブ化が求められています。 ・原画の外部持ち出しによる破損対策として、DFA 作品(複製品)のご利用が増加しています。 ・現代アーティストの方々は、DFA 作品の上から手彩を加え、 より付加価値の高い作品を発表しています。 ・画家の方々は、オリジナルを手元に残されてDFA 作品の販売をしています。 ・アーティストの方々は、原画の劣化の対応として、DFA の技術を利用して デジタルアーカイブ化に取り組んでおります。